資料詳細

概要

こんなに恐ろしい核兵器
核兵器はこうしてつくられた
鈴木/達治郎‖著 光岡/華子‖著
ゆまに書房
2018/12
9784843354087

利用状況

詳細

書名1 こんなに恐ろしい核兵器
書名2 核兵器はこうしてつくられた
巻次 1
著者名 鈴木/達治郎‖著 光岡/華子‖著
配架場所コード
101 一般開架コーナー
請求記号 319/S/1
分類記号1
319 外交.国際問題
分類記号2
S
副本記号 1
出版者 ゆまに書房
出版年月日 2018/12
ページ 53p
サイズ 27cm
ISBN1 9784843354087
件名 核兵器 カク/ヘイキ 核兵器 カク/ヘイキ 核分裂 カク/ブンレツ 原子爆弾 ゲンシ/バクダン 核実験 カク/ジッケン 第五福竜丸事件 ダイゴ/フクリュウマル/ジケン 核戦争 カク/センソウ 冷戦 レイセン 原水爆禁止運動 ゲンスイバク/キンシ/ウンドウ 核兵器不拡散条約 カク/ヘイキ/フカクサン/ジョウヤク 軍縮 グンシュク
登録番号 00051334
内容細目1 核兵器のない世界を創るために、今何をしなければならないのか? 図版や写真を豊富に取り入れて、ビジュアルに分かりやすく解説。1は、核兵器開発の歴史や、核兵器をめぐる世界情勢などを収録。
内容細目2 〈鈴木/達治郎〉 1951年大阪生まれ。長崎大学核兵器廃絶研究センター長・教授。元内閣府原子力委員会委員長代理。
内容細目3 〈光岡/華子〉 1995年佐賀県生まれ。長崎大学教育学部4年生。「Peace Caravan隊」代表。
内容細目4 核兵器(かくへいき)はどのようにして生まれたのか?核兵器はどのような仕組みの兵器なのか?未来に核兵器のない世界を創るために、今何をしなければならないのか?核兵器開発の歴史や、核兵器をめぐる世界のようすなどを、写真やグラフなどを使ってわかりやすく説明します。
内容細目1 Ⅰ 核兵器はこうしてつくられた
内容細目2 核兵器とは?
内容細目3 人類を破滅にさせてしまうかもしれない恐ろしい兵器の誕生
内容細目4 核分裂の発見
内容細目5 もっとも小さな原子から生まれる巨大なエネルギー
内容細目6 大統領への手紙とマンハッタン計画
内容細目1 原子爆弾の誕生
内容細目2 ヒロシマ・ナガサキ
内容細目3 使われてしまった核兵器-その恐ろしい威力
内容細目4 核実験競争と水爆の開発
内容細目5 ヒロシマ型原爆の3,000倍の威力を持つ水爆
内容細目6 Ⅱ 増え続ける核兵器-冷戦時代
内容細目1 五大核保有国の誕生
内容細目2 「核クラブ」-外交におけるジョーカーのカード
内容細目3 核実験の被害
内容細目4 くり返される実験で汚染される地球
内容細目5 第五福竜丸
内容細目6 起こってしまったあってはならない悲劇
内容細目1 「核の冬」
内容細目2 核戦争後の地球を襲う恐ろしい「冬」
内容細目3 恐怖のバランス-冷戦と核抑止
内容細目4 使わないはずなのに核兵器は増えていく
内容細目5 キューバ危機
内容細目6 直前で回避された第3次世界大戦
内容細目1 核の暴走
内容細目2 「こわれた矢」はどこへ? もし事故が起きてしまったら…
内容細目3 Ⅲ 反対運動-冷戦の終わり
内容細目4 反核運動
内容細目5 「核兵器の脅威」に立ちむかう人びとの声
内容細目6 ラッセル-アインシュタイン宣言
内容細目1 科学者たちが警鐘をならす「人類の危機」
内容細目2 核実験禁止にむけて
内容細目3 ようやく動きはじめた核実験汚染への対応
内容細目4 原子力平和利用のはじまり
内容細目5 核の技術や核物質が世界に拡がるきっかけにも
内容細目6 核不拡散条約の誕生
内容細目1 核兵器所有が拡がることを防ぐために
内容細目2 Ⅳ 核軍縮へむけて
内容細目3 冷戦の終結と核軍縮の合意
内容細目4 ソビエト連邦の崩壊から核軍縮へ
内容細目5 核軍縮への期待
内容細目6 「核なき世界」へむかって、オバマ大統領の演説
内容細目1 核軍縮のむずかしさ
内容細目2 核兵器から回収した核物質をどう処理する?
内容細目3 新たな核保有国
内容細目4 核兵器を新たに開発した4つの国
内容細目5 ◆図版出典