所蔵一覧

概要

岩波新書 新赤版 1797
ヴァルター・ベンヤミン
闇を歩く批評
柿木/伸之‖著
岩波書店
2019/09
9784004317975

利用状況

詳細

書名,巻次,叢書名 ヴァルター・ベンヤミン 闇を歩く批評 岩波新書 新赤版 1797
著者名 柿木/伸之‖著
配架場所コード
104 新書コーナー
請求記号 080/I95/1797
分類記号1
080 叢書.全集
分類記号2
I95
副本記号 1797
出版者 岩波書店
出版年月日 2019/09
内容細目1 ヴァルター・ベンヤミン略年譜:p235〜240
内容細目2 文献:p241〜255
内容細目3 言語、芸術、歴史を根底から捉え直しながら、時代の闇のただなかに、何者にも支配されない生の余地を切り開こうとした思想家ベンヤミン。瓦礫を搔き分けて、捨て去られたものを拾い続けた彼の思考を読み解く。
内容細目4 〈柿木/伸之〉 1970年鹿児島市生まれ。上智大学大学院哲学研究科哲学専攻満期退学。広島市立大学国際学部教授。著書に「ベンヤミンの言語哲学」など。

所蔵一覧

所蔵1 冊