所蔵一覧

概要

ちくまプリマー新書 359
社会を知るためには
筒井/淳也‖著
筑摩書房
2020/09
9784480683823

利用状況

詳細

書名,巻次,叢書名 社会を知るためには ちくまプリマー新書 359
著者名 筒井/淳也‖著
配架場所コード
104 新書コーナー
請求記号 080/C/359
分類記号1
080 叢書.全集
分類記号2
C
副本記号 359
出版者 筑摩書房
出版年月日 2020/09
内容細目1 文献:p219〜221
内容細目2 「社会」という言葉は様々な形で使われていて、普段は存在を意識しないが、実態はとても曖昧だ。では、どうすれば「社会」を理解できるのか? 複雑化、副作用、絡み合う因果関係など、その特徴をわかりやすく伝える。
内容細目3 〈筒井/淳也〉 1970年生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程後期課程満期退学。博士(社会学)。立命館大学産業社会学部教授。専門は家族社会学、計量社会学。著書に「親密性の社会学」など。
内容細目4 「社会」は決して思い通りにならないものであり、しかし他方で、動かす余地がいくらでもあるものである。なぜこんなにも様々なリスクにさらされてしまうのか?意図せざる結果が起きてしまうその理由とは?家族社会学、計量社会学を専門とする著者が、若い人に向けて、「社会」に向き合うときに知っていてほしいことを説く。
内容細目1 はじめに
内容細目2 第一章 「わからない世界」にどう向き合うか
内容細目3 1 世界は思っているより「わからない」
内容細目4 2 世界は思っているより「緩い」
内容細目5 3 専門化する社会
内容細目6 4 「わからないこと」が増えていく
内容細目1 5 絡み合う社会
内容細目2 6 動き続ける社会
内容細目3 7 自分たちで作り上げたよくわからない世界
内容細目4 8 本書について
内容細目5 第二章 専門知はこうしてつくられる
内容細目6 1 社会と切り離される専門知
内容細目1 2 社会をかたちづくる専門知
内容細目2 3 自分の土俵をつくらない学問
内容細目3 4 社会全体の理論-グランド・セオリー
内容細目4 5 哲学の動向と社会学
内容細目5 6 社会の認識は、社会のあり方の認識に依存する
内容細目6 第三章 変化する社会をどう理解するか
内容細目1 1 「すでに作られた環境」に投げ込まれる人間
内容細目2 2 人間と社会についての二つの見方
内容細目3 3 人間が社会を作るが…
内容細目4 4 個人と社会の「緩い」関係
内容細目5 5 副作用
内容細目6 6 陰謀論を生み出す欲望
内容細目1 7 意図と結果の緩みのない関係
内容細目2 8 「緩い」ほうが「科学的」?
内容細目3 第四章 なぜ社会は複雑になったのか
内容細目4 1 社会の規模
内容細目5 2 社会の厚み
内容細目6 3 近代化
内容細目1 4 分業による連帯
内容細目2 5 分業をめぐる壮大な意図せざる結果
内容細目3 6 保守主義と理性の限界
内容細目4 7 思い通りにならない経済
内容細目5 8 官僚制
内容細目6 9 変わってしまった世界
内容細目1 10 社会変化について考えてみる
内容細目2 第五章 変化のつかまえ方
内容細目3 1 社会を記述する
内容細目4 2 記述より説明?
内容細目5 3 「原因と結果」以外の説明
内容細目6 4 親子関係の変化を説明する
内容細目1 5 見えにくいところに光を当てる
内容細目2 6 理論の意味
内容細目3 7 自然言語による「理論」
内容細目4 8 「一回きり」でも理論?
内容細目5 第六章 不安定な世界との付き合い方
内容細目6 1 「不安定さ」と「意味のなさ」
内容細目1 2 不安の中で生きること
内容細目2 3 日常生活に潜むリスク
内容細目3 4 不安定な中の舵取り
内容細目4 5 社会と安定
内容細目5 6 どこまで責任を負わすのか?
内容細目6 7 理屈と議論
内容細目1 8 社会は「他でもあり得る」
内容細目2 あとがき
内容細目3 読書案内まとめ

所蔵一覧

所蔵1 冊