所蔵一覧

概要

ビジュアル入門江戸時代の文化
京都・大坂で花開いた元禄文化
深光/富士男‖著
河出書房新社
2020/04
9784309622613

利用状況

詳細

書名,巻次,叢書名 ビジュアル入門江戸時代の文化 京都・大坂で花開いた元禄文化
著者名 深光/富士男‖著
配架場所コード
101 一般開架コーナー
請求記号 210/F
分類記号1
210 日本史
分類記号2
F
出版者 河出書房新社
出版年月日 2020/04
内容細目1 文化関連年表:p4〜5
内容細目2 浮世草子、和算、歌舞伎、浮世絵、俳諧、人形浄瑠璃…。江戸時代に2回おとずれたという文化の頂点のうち、江戸時代前期を中心にした「元禄文化」を、当時の絵とともに解説。各分野の重要項目や活躍した人物も紹介する。
内容細目3 〈深光/富士男〉 1956年山口県生まれ。日本文化歴史研究家。編集制作会社プランナッツを設立。ノンフィクション系の図書の取材・撮影・執筆を行う。著書に「日本のしきたり絵事典」など。
内容細目4 江戸時代前期の文化の発信源は、京都・大坂が中心でした。豪華で壮大な「桃山文化」の影響を受けながら、三代将軍・徳川家光(とくがわいえみつ)の治世のもとで新しい文化が芽吹き、五代将軍・綱吉(つなよし)の時代には「元禄(げんろく)文化」が一気に花開きました。当時の貴重な絵とともに多彩な文化を解説します。
内容細目1 はじめに
内容細目2 文化関連年表
内容細目3 桃山文化
内容細目4 ◆戦国大名や豪商による豪華で壮大な桃山文化
内容細目5 ◆信長や秀吉に重用された絵師の狩野永徳と茶人の千利休
内容細目6 ◆日本に初めて伝わったヨーロッパの文化
内容細目1 ◆出雲阿国が、京都で「かぶき踊り」をはじめた
内容細目2 寛永文化
内容細目3 ◆江戸時代の初期、京都を中心に寛永文化が展開
内容細目4 ◆京都で名を上げた絵師の俵屋宗達と芸術家の本阿弥光悦
内容細目5 俵屋宗達の障壁画の世界
内容細目6 ◆書物は木版による量産の時代に突入 仮名文字を用いた「仮名草子」が流行
内容細目1 江戸時代前期の園芸ブームと本草学
内容細目2 1657(明暦3)年の大火災「明暦の大火」は江戸の大半を焼きつくし大惨事に!!
内容細目3 貞享暦は、日本人(渋川春海)がつくった最初の暦法
内容細目4 元禄文化
内容細目5 ◆学問好きの将軍徳川綱吉の時代となり上方を中心に元禄文化が開花
内容細目6 ◆すぐれたデザイン感覚を発揮した尾形光琳と乾山
内容細目1 ◆井原西鶴が書いた「浮世草子」は娯楽色の強い町人文学だった
内容細目2 ◆宮崎安貞は『農業全書』を著し関孝和は和算で大成
内容細目3 ◆演劇性を高めていった野郎歌舞伎から黄金期の元禄歌舞伎へ
内容細目4 ◆上方で「和事」を完成させた坂田藤十郎 女方の吉沢あやめも大人気に
内容細目5 ◆豪壮な「荒事」で江戸歌舞伎の大スターとなった市川団十郎
内容細目6 当時の本(版本)から見えてくる江戸時代中期の歌舞伎
内容細目1 元禄最大の出来事「赤穂事件」とは?
内容細目2 ◆観賞用の浮世絵版画を最初に誕生させた菱川師宣
内容細目3 本の楽しみを広げた! 菱川師宣の絵入り版本
内容細目4 ◆浮世絵は墨1色では物足りない… カラーへの挑戦がはじまった
内容細目5 ◆新たな俳諧の世界を創出し すぐれた紀行文も残した松尾芭蕉
内容細目6 ◆江戸時代に絶頂期をむかえた人形浄瑠璃 現在は「文楽」の名で芸を継承
内容細目1 ◆人形浄瑠璃の新時代を築いた作家の近松門左衛門と、太夫の竹本義太夫
内容細目2 ◆17か月も上演が続いた「国性爺合戦」など近松は数々の大傑作を残した
内容細目3 ◆人形浄瑠璃は、歌舞伎と影響し合いながら発展 歌舞伎人気を上回る絶頂期へ
内容細目4 話のプロも江戸時代に大活躍!! 落語の歴史
内容細目5 のちの浮世絵師に多大な影響をあたえた西川祐信
内容細目6 享保の改革
内容細目1 さくいん

所蔵一覧

所蔵1 冊