所蔵一覧

概要

ビジュアル入門江戸時代の文化
江戸で花開いた化政文化
深光/富士男‖著
河出書房新社
2020/04
9784309622620

利用状況

詳細

書名,巻次,叢書名 ビジュアル入門江戸時代の文化 江戸で花開いた化政文化
著者名 深光/富士男‖著
配架場所コード
101 一般開架コーナー
請求記号 210/F
分類記号1
210 日本史
分類記号2
F
出版者 河出書房新社
出版年月日 2020/04
内容細目1 文化関連年表:p4〜5
内容細目2 浮世絵、読本、歌舞伎…。江戸時代に2回おとずれたという文化の頂点のうち、江戸時代後期を中心にした「化政文化」を、当時の絵とともに解説。各分野の重要項目や活躍した人物も紹介する。
内容細目3 〈深光/富士男〉 1956年山口県生まれ。日本文化歴史研究家。編集制作会社プランナッツを設立。ノンフィクション系の図書の取材・撮影・執筆を行う。著書に「日本のしきたり絵事典」など。
内容細目4 文化の発信源は京都・大坂から江戸へと移り、江戸時代後期の文化は江戸を中心に、地方へと広がります。さまざまな分野から才能に恵まれた人物が次々と現れ、文化・文政(化政)期には、支配者から一般庶民までが多様な文化を享受できる「化政文化」が花開きました。当時の貴重な絵とともに多彩な文化を解説します。
内容細目1 はじめに
内容細目2 文化関連年表
内容細目3 宝暦・天明文化
内容細目4 ◆幕政の力を得た田沼意次の時代に江戸を中心に展開した宝暦・天明文化
内容細目5 ◆大田南畝らにより狂歌ブーム到来! 狂歌集や狂歌絵本が出版された
内容細目6 ◆喜多川歌麿と東洲斎写楽は版元の蔦屋重三郎が売り出した浮世絵師
内容細目1 ◆絵師の円山応挙は、京都で写生画を確立 絵画の新たな潮流をもたらした
内容細目2 ◆『雨月物語』は、前期読本の傑作 おとな向けの草双紙(黄表紙)も登場
内容細目3 江戸時代中期・後期の俳詣
内容細目4 江戸時代後期の園芸ブーム
内容細目5 川柳は「おかしみ」が魅力の五七五
内容細目6 天明の飢饉 寛政の改革
内容細目1 町人の流行作家 山東京伝
内容細目2 化政文化
内容細目3 ◆将軍家斉が幕政を行っていた「文化」「文政」期を中心に化政文化が開花
内容細目4 ◆画業70年! 休むことなく筆を走らせた天才絵師・葛飾北斎
内容細目5 北斎の版本絵
内容細目6 ◆歌川国芳や歌川広重など歌川派の浮世絵師たちが大活躍!
内容細目1 ◆江戸で大衆向けの流行作家となった十返舎一九と式亭三馬
内容細目2 作十返舎一九・画歌川国芳 ゴールデンコンビが放ったばけものワールド『化皮太鼓伝』
内容細目3 ◆大長編!! 後期読本の『南総里見八犬伝』は曲亭馬琴が書いた壮大な冒険ファンタジー
内容細目4 ◆14年も続いていた柳亭種彦の大ヒット作『偐紫田舎源氏』は、「天保の改革」で絶版に
内容細目5 版本の制作工程が楽しくわかる『的中地本問屋』
内容細目6 江戸時代の食文化
内容細目1 ◆武士から庶民まで人気を博した歌舞伎は、より豪華に、大がかりに
内容細目2 ◆「東海道四谷怪談」などが大当たり! 人の心の闇も描いた歌舞伎作者・鶴屋南北
内容細目3 歌川国貞の役者絵
内容細目4 江戸時代後期の人形浄瑠璃
内容細目5 江戸時代の女性ファッション
内容細目6 ◆徒歩による測量で地図をつくった伊能忠敬
内容細目1 天保の改革
内容細目2 幕末文化
内容細目3 ◆「安政江戸大地震」が発生! 木版で被害などを報道
内容細目4 ◆通商条約を結んだ5か国と貿易開始 外国人を描いた錦絵「横浜絵」が出版された
内容細目5 さくいん

所蔵一覧

所蔵1 冊