所蔵一覧

概要

ちくまプリマー新書 418
「心のクセ」に気づくには
社会心理学から考える
村山/綾‖著
筑摩書房
2023/01
9784480684424

利用状況

貸出中

詳細

書名,巻次,叢書名 「心のクセ」に気づくには 社会心理学から考える ちくまプリマー新書 418
著者名 村山/綾‖著
配架場所コード
104 新書コーナー
請求記号 080/C/418
分類記号1
080 叢書.全集
分類記号2
C
副本記号 418
出版者 筑摩書房
出版年月日 2023/01
内容細目1 文献:p215〜221
内容細目2 人間には「ついこう考えてしまう」クセがある。時には、そのクセが困った事態を引き起こすことも。心のクセについて社会心理学の研究結果に触れながら説明し、心のクセに気づけた私たちが今後どう考え、行動するかを思索する。
内容細目3 〈村山/綾〉 大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。博士(人間科学)。近畿大学国際学部准教授。専門は社会心理学。編著に「やってみよう!実証研究入門」がある。
内容細目4 自分では気づきにくい、ある場面でついうっかりやってしまう、ものの考え方や行動、つまり「心のクセ」を社会心理学の観点からみていき、心のクセが他人との関係性をギクシャクさせたり、社会問題を生み出したりすることを紹介。心のクセを理解した上で、どのように日々を過ごしていくかを考える。
内容細目1 はじめに
内容細目2 第1章 人は、「結果」に対する理由がほしい
内容細目3 原因帰属とは
内容細目4 「テストでいい点数が取れた理由」-内的帰属と外的帰属
内容細目5 内的帰属・外的帰属の分かれ道-ケリーの共変動理論
内容細目6 一期一会の原因帰属
内容細目1 誤った原因婦属のパターンを知ろう
内容細目2 帰属の文化差
内容細目3 アスリートの試合報道における日米の違い
内容細目4 まとめ
内容細目5 第2章 人は、秩序ある社会への強い想いを抱く-公正世界理論とは
内容細目6 「私はただ上官の命令に従っただけ」-権威への服従実験
内容細目1 「辛い目にあうのはその人自身のせい」
内容細目2 公正世界理論とは
内容細目3 あなたの中の公正世界信念は?
内容細目4 公正な世界を信じる利点
内容細目5 2種類の公正世界信念
内容細目6 犯罪加害者・被害者への反応と公正世界信念
内容細目1 「世の中理不尽なことだらけ」-不公正世界信念
内容細目2 まとめ
内容細目3 第3章 人は、因果応報ストーリーを好む
内容細目4 あなたの記憶に残る絵本は?
内容細目5 公正世界の因果ルールに基づく推測-視線計測を用いた実験
内容細目6 公正世界信念を維持する手段としての公正推論
内容細目1 幸運・不運と公正推論
内容細目2 不運に対する公正推論の文化差
内容細目3 日本人を対象とした研究
内容細目4 仏教を信仰する日本人と特定の信仰がない日本人
内容細目5 まとめ
内容細目6 第4章 人は、世界をカテゴリー化して理解したい-ステレオタイプ・偏見・差別
内容細目1 白熱する運動会
内容細目2 サマーキャンプでの争い-泥棒洞窟実験
内容細目3 社会の中のさまざまな集団
内容細目4 特定の社会集団に対するイメージ-ステレオタイプと偏見
内容細目5 偏見が生む差別
内容細目6 印象判断における重要次元-「能力の高さ」と「温かさ」
内容細目1 ステレオタイプ内容モデル
内容細目2 温情主義的偏見やステレオタイプがダメなわけ
内容細目3 偏見や差別を少なくするには
内容細目4 まとめ
内容細目5 第5章 人は、そもそも予測できない将来はのぞまない-現状肯定の心理
内容細目6 意地悪なお金持ち、心豊かな貧しい人
内容細目1 社会集団に由来する格差
内容細目2 格差の正当化
内容細目3 天は二物を与えず
内容細目4 身近にある「システム正当化」-その校則、必要ですか
内容細目5 どんな「変化」を嫌う?
内容細目6 気候変動とシステム正当化
内容細目1 まとめ
内容細目2 第6章 「私」として考え、行動するために
内容細目3 コミュニケーションの多層性を意識する
内容細目4 不安や不確実性が生み出す問題-新型コロナウイルス感染症を例に考える
内容細目5 データを使って不安のもとを可視化する
内容細目6 不確実性を受け入れる
内容細目1 過去ではく未来を眺める
内容細目2 変化をはじめる
内容細目3 変化を生むマスメディア・政治の力
内容細目4 おわりに
内容細目5 あとがき
内容細目6 参考文献

所蔵一覧

所蔵1 冊